商材情報

咲々225~人生に投資で花を咲かせましょう!~

【商材名】AmbushFX
【発行者】株式会社FXトレードジャパン、永井 翔

 

AmbushFXではロジックを完全に公開している

 

AmbushFXのようなシステムトレードに見られるノウハウは

ルールが非常に明解となっています。

 

損切り、利食い、フィルタリングといった詳細まで

具体的にトレードルールが定められているのです。

 

また、AmbushFXのロジックはタイムゾーンレンジブレイクアウト

となっておりこれ以外の手法は一切使用しません

 

タイムゾーンレンジブレイクアウトという手法を

聞いたことがないという方もいると思いますので

どういったものか簡単に説明したいと思います。

 

タイムゾーンレンジブレイクアウトでは

特定のタイムゾーン(東京時間等)の最高値と最安値で

形成されたレンジ相場を1つのボックスと捉えます。

 

そして、対象のボックス内で推移しているチャートが

上下どちらかにブレイクするタイミングを狙って

エントリーするという手法です。

 

このようにロジックは非常にシンプルかつ

具体性のあるものとなっています。

 

 

レンジブレイクアウトのメリット、デメリット

 

AmbushFXの手法に代表される

レンジブレイクアウト系のロジックの

メリット、デメリットを見て行きたいと思います。

 

 

■メリット

 

・とにかくシンプル

 

上記でもお話しましたが、この手の手法は

対象のタイムゾーンの最高値と最安値に

ラインを引き、そのボックス内のチャートが

欧州タイムでどちらに抜けるかをチェックします。

 

そして、抜けた方へエントリーするだけです。

 

「IFDOCO(イフダン・オーシーオー)注文」を

仕掛けることによってエントリー後は

ほぼ何もしなくてすみます。

 

 

・余裕を持ってトレードできる

 

エントリーしてしまえばその後は

利益確定するまで放っておくだけですから

長時間チャートに張り付く必要がありません。

 

チャートチェックも1日に1回程度で済みます。

 

 

・上手くいけば簡単に利益を出せる

 

これはそのままですね。

 

エントリータイミングさえ間違わなければ

本当に簡単に利益を出すことができます。

 

 

■デメリット

 

・1日のチャンスは1通貨ペアにつき1回

 

この手の手法は時間帯によりボラティリティの

変動する幅が大きな通貨ペアでなければ

その効果を発揮することがありません。

 

GBP/USDやEUR/USDなどがそれに当てはまりますが

基本的に1つの通貨ペアで1日に1回しか

エントリーチャンスがありません。

 

 

・騙しの可能性が高い

 

アジアタイムなどのボラティリティが低い時間帯では

レンジ相場が形成されやすいという特徴があり、

欧州タイムでボラティリティが一気に高くなり

レンジブレイクとなるポイントを狙う手法がこのロジックです。

 

しかし、欧州タイムでのブレイクを狙うトレーダーがいれば、

その逆を狙うトレーダーがいるのも当然です。

 

ブレイクしたと見せかけつつ、レートを元に戻し

ストップし、またレートを戻され騙しとなります。

 

かなり無理やりですが、企業体で投資を行う

機関投資家がそれに該当します。

 

 

・リスクリワードに対する勝率のバランス

 

ストップ幅を固定とする場合には

リミットは3~5倍程度に設定しなければ

利益を出すことは難しいのです。

 

リスクリワード1対3の場合。

 

つまり、ストップ幅に対して

リミット幅を3倍に設定した場合には

勝率の最低ラインは25%ということになります。

 

この場合、プラスに持っていくには

最低でも勝率30%を長期的に維持しなければなりません。

 

リスクリワード1対2の場合は

勝率の最低ラインは33%となり

リスクリワード1対4の場合は

勝率の最低ラインは20%、

リスクリワード1対5の場合は

勝率の最低ラインは16%…

 

といった具合になります。

 

また、設定したリミットポイントに到達する前に

戻されてしまうというケースは少なくありません。

 

こういったことからリスクリワードに対する

勝率のバランスは非常に難しいということが言えるのです。

 

 

AmbushFXのルールに頼り切ってはいけない。

 

ここまでの話の流れだとAmbushFXの

ロジックには優位性がないと言っているように

感じるかもしれませんが一概にそうとは言い切れません。

 

どういった手法にも一長一短が

あって当然ですし、大切なのは

1つの手法をどれだけ深くまで研究し掘り下げられるか

です。

 

そういった意味ではAmbushFXは

タイムゾーンレンジブレイクアウトを

とことん突き詰める上では

購入して損のない商材ですし、

AmbushFXの手法ロジックを自分なりに

発展させて自身のルールを組み立てることも可能です。

 

本気でタイムゾーンレンジブレイクアウトを究めたい

これからタイムゾーンレンジブレイクアウトを軸に

 トレードを行って行きたい

 

そういった研究熱心な人にはおすすめの商材と言えます。

 

 

AmbushFXの評価

 

タイムゾーンレンジブレイクアウトを究める良い手掛かり

ロジックが完全に公開されている

利益が得られるかはユーザー次第

 

ちょっとキツイ言い方になってしまいますが

この手法を購入すれば勝てるだろう

このルールに沿ってトレードすれば勝てるだろう

といった期待をしている方は購入しないほうがいいでしょう。

 

個人的な見解としてはAmbushFXの手法自体の

 

優位性が高いかどうか?

 

という点については未知数です。

 

マニュアルのルールに従って機械的にトレードしたい

という方は他の商材を購入することをおすすめします。

 

また、タイムゾーンレンジブレイクアウト以外にも

様々なノウハウを学びたいという方も

AmbushFXを購入する意味がありません。

 

とにかくAmbushFXのロジックを元に

独自のルールを作り上げることができれば

これから先の長い投資人生の中で

自身の大きな財産となることは間違いありません。

 

これらの理由から、評価ランクは評価B(70点/100点)とします。

 

それでは本日はこの辺で。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

AmbushFX

AmbushFX

【商材名】AmbushFX
【発行者】株式会社FXトレードジャパン、永井 翔

>>販売ページはこちら

問い合わせフォーム

 

<当サイトの情報商材評価基準>━━━━━━━━━━━━

評価A(90点以上)・・購入OK(実践検証済)

評価B(70点)・・・・購入OK(実践の価値あり)

評価C(50点)・・・・お薦めはできない

評価D(30点)・・・・明らかに価値がない商材

評価E(10点未満)・・悪質性の高い商材

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━