商材情報

窓埋めEA改

【商材名】窓埋めEA改
【発行者】ニレイインターナショナル、楡井慎也
【公式ページ】窓埋めEA改

窓埋めEA改のトレードルールについて

 

この窓埋めEA改は以前に販売していた「窓埋めEAプラスアルファ」に

改良を加えたもので、前回同様EA(自動売買システム)を利用し

運用を行っていくというFX商材です。

 

EAといえばみなさんお分かりの通り、自動売買システムのことを指しますが

そのほとんどが偽物だ、という噂もちらほら耳にすると思います。

 

巷に出回っているEAが全て偽物というわけではありませんが、

確かに結果を期待できない“使い物にならないEA”が存在することも確かです。

 

私自身、色んな自動売買ツールを検証してきました、

トータルで利益の出ていた商材は、ほぼ無いに等しかったことを覚えています。

 

というわけで、今回は「窓埋めEA改」について検証したいと思います。

 

窓埋めEA改の主なトレードルールは販売ページにも記載されているように、

毎週月曜日の開始30分間に絞った逆張りトレードがメインになっています。

 

つまり週初めの窓開け後の窓を埋めのタイミングを狙った

王道的な手法を採用しているということです。

 

利益確定ラインは全ポジションが先週の終値で、

損切りは全ポジションが先頭から100pipsの位置になるように設定されています。

 

エントリー自体も10pips間隔になっていて、仮に10pips逆行すると、

10pipsずつナンピンを行い、最大8回までナンピンを行います。

 

決済ルールとしては、2段階の時間制限を設けています。

 

時間制限は通貨ペアによって異なっていて、「ドル円」の場合は

1段階目が6時間、2段階目が12時間という制限が有り、

それ以外の通貨ペアの場合は、12時間、24時間という制限になっています。

 

使用される通貨ペアとしては、

 

・米ドル/円
・ユーロ/米ドル
・米ドル/カナダドル
・オーストラリアドル/円
・オーストラリアドル/ニュージーランドドル

 

の5つの通貨ペアに限定されています。

 

ここが前作(窓埋めEAプラスアルファ)との大きな違いで、

前作は19もの通貨ペアがあったのに対して、

今回は5つの通貨ペアのみしか利用しません。

 

最小運用資金は10万円からとなっていて、0.01ロットで10万円、0,05ロットで50万円で

取引可能になっています。

 

 

窓埋めEA改の要「窓」

 

投資経験が長い方であれば「窓」という言葉をご存知と思いますが、

この「窓」の意味をイマイチ理解できていない方の為に

簡単にその意味をご説明したいと思います。

 

「窓」とは、通貨の値が飛ぶことで

“FX会社がクローズ(取引を停止)している間に値動きがあった”

ということを表しています。

 

これはチャート上に表示されるものですが、

チャート上で値動きの値が消えているかのように、

ぽっかりと穴が開いた状態の事で、別名「ギャップ」とも呼びます。

 

FXは土曜日の朝から月曜日の朝まで取引時間が停止していて、

その間は海外FXも取引が停止しています。

 

ですから、取引が開始される月曜日にのみ「窓」が出現するのです。

 

では、月曜日に窓が開くことで、何が起こるのか?と思う方もいるでしょう。

 

取引停止の間に見せた値動きの後に、

窓が開く以前の値に戻ろうとする現象が起きます。

 

つまりこれが「窓埋め」の正体なんです。

 

この窓埋めを利用して、月曜日の開始早々を狙って専門に取引をする

トレーダーも一部存在します。

 

ですが、この窓埋め現象は反対方向に動くことも「稀に」起こり得るので、

必ずしも窓が埋まる訳ではない、ということを考えておく必要があります。

 

また、一般的に窓埋めの際には「逆張り」でトレードするのが良いとされています。

 

窓埋めに関していえば、トレンドと反対方向への注文を出すため

少々難易度は高まりますが、この場合では順張りよりも勝率が高くなるのです。

 

そういった習性を利用し、システムに落とし込んだのが

今回の窓埋めEA改というわけなのですね。

 

論理的には正しいロジックとなっていますし、

この相場の習性を理解すればこの手法一本で生計を立てていくことも可能です。

 

ちなみに、自動売買システムの購入判断にあたって一番重要なのは、

“フォアード実績がきちんと開示されているかどうか”です。

 

自動売買システムですから、裁量トレード以上にフォアード実績が

きちんと開示されていないと、それだけで疑わしいですからね。

 

その点、窓埋めEA改はフォアード実績もしっかりと開示していますし、

非常に信頼性の高い投資商材であることが伺えます。

 

また、冒頭でもお話したように、今回は取引通貨ペアの数を大きく減らしたことにより

前作よりも確実性の高いシステムの構築が可能になっており

これは短期決済・安全撤退を重視し、

週単位で大きなドローダウンが発生しにくいと謳われています。

 

この辺は販売ページのフォワード実績から大体お分かり頂けると思います。

 

EA商材といえば、数万円~数十万円で提供されるのが一般的であり

中には月額制のものも出回っていますが、

その多くは明確なフォワード実績を開示していません。

 

それに比べて窓埋めEA改ははっきりと実績を開示した上で、

販売価格2,980円という、自動売買システムとしては破格の格安料金になっています。

 

ロジックの根拠、システムの信用性などを考えると

通常何万円もする自動売買システムと比較して、

窓埋めEA改のどれほどお買い得なEAであるかは一目瞭然です。

 

 

窓埋めEA改の評価

 

フォワード実績を開示している

週明けの窓埋めトレードを応用したEA

王道的かつ堅実なシステムロジックを採用

 

現在、自動売買システム(EA)は非常に多く存在しますが、

そのほとんどが稼げるシステムではありません。

 

確かに完全自動でトレードしてくれるという

システムのメリットだけを見れば便利ですが、

結果を残すことができないのであれば利用する意味がありません。

 

しかも、そういったいい加減なEA販売業者に共通して、

サポート体制が不十分であるという特徴があります。

 

ですが、ニレイインターナショナルでは24時間の電話サポートや

スカイプサポートも取り入れています。

 

メールよりもスカイプ、スカイプよりも電話といったように

より効率的にスピーディーにサポートを受けられるため

問題をその場で即解決出来ますから、

参加者としては非常に嬉しいサービスと言えます。

 

また、先にも軽く触れましたが、窓埋めEA改の販売価格は2,980円です。

 

商材自体の値段が格安な上、サポートも他の商材とは比べる必要も無いほど、

充実したサポート体制を敷いていますし、

購入してみる価値は大きいのではないかと感じています。

 

とくに、販売者であるニレイインターナショナルでは

これまで様々な自動売買ツールを世に送り出していますし、

過去の多くの実績を見ても、今回の窓埋めEA改は期待値の高いEAと評価できます。

 

これらの理由から、評価ランクは評価B(70点/100点)とします。

 

それでは本日はこの辺で。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

窓埋めEA改

窓埋めEA改

【商材名】窓埋めEA改
【発行者】ニレイインターナショナル、楡井慎也

>>販売ページはこちら

問い合わせフォーム

 

<当サイトの情報商材評価基準>━━━━━━━━━━━━

評価A(90点以上)・・購入OK(実践検証済)

評価B(70点)・・・・購入OK(実践の価値あり)

評価C(50点)・・・・お薦めはできない

評価D(30点)・・・・明らかに価値がない商材

評価E(10点未満)・・悪質性の高い商材

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━