商材情報

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)

【商材名】滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-
【発行者】合同会社サンライズ、滝澤伸悟
【公式ページ】WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)

150万円を1800万円にした、滝澤伸悟氏のFX手法が公開

 

こんにちは、佐伯です。

 

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

 

それと、昨年は色々と時間が取れず、
久々のブログ更新となってしまい申し訳ございません。

 

検証依頼などをお問合せ頂いていた読者様には
メールベースで直接やり取りさせていただいていましたが
今年は旧昨年通り検証頻度を上げていきたいと考えていますので
今後とも宜しくお願い致します。

 

さて、本日検証を行うのは合同会社サンライズ発行の
滝澤伸悟氏というトレーダーによるFX半裁量手法
WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)という新商材です。

 

つい先日、インフォトップを見ていたところ
見たことのないトレーダーの商材がランキング入りしているなぁと
気になっていたので、今年1つの目の検証商材として
ピックアップしてみることにしました。

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)は
15分足推奨のデイトレードトレンドフォロー手法で
専用のサインツールと裁量判断で運用していきます。

 

販売ページによると

 

“150万円のスタート資金を1800万円まで
増やすことに成功した”

“5ステップのシンプルなトレード手法で
平均月利15.7%のお数字を記録”

 

など魅力的な数字が掲載されています。

 

こういった魅力的な数字を謳っている投資商材は
他にもゴマンとありますし、実際に謳われているほどの
結果を出せているのかどうかを証明できる情報を
公開している商材はほとんどありません。

 

ですが、WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)の
販売ページではしっかりとフォワード実績が公開されており
手法の優位性を証明する情報としては
かなり信ぴょう性の高いものだと評価できます。

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX) 

トレード期間は2016年2月から2017年6月までの約1年半となっており、
この期間中は安定して勝ち続けていることが確認できます。

 

冒頭から褒めるのはあまり好きではありませんが、
このように信用できるフォワード実績を開示しているFX商材は
往々にして“結果が期待できる手法”
公開しているケースがかなり多いです。

 

さらに私がWINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)で
もう一点注目しているのは滝澤伸悟氏による
マンツーマンのサポートです。

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)では
メールと電話、Skypeでのサポートが設けられており
言うまでもありませんが電話とSkypeでは口頭で直接
滝澤伸悟氏と会話することができます。

 

メールでは文字でのみのコンタクトですから
誰が対応しているかわからないといったことがありますが、
電話やSkypeであれば本人が対応しているかどうか
すぐに判断することができます。

 

このように、フォワード実績をしっかり公開しつつ、
講師本人が会員一人一人へ直接サポートするという姿勢は
とても高く評価できるオファーだと言えますね。

 

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)の手法を検証

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)のロジックは
押し目買い・戻り売りで入るデイトレードの
トレンドフォロー手法となっています。

 

使用するインジケーターは移動平均線をベースとした
オーソドックスなものとなっており、
滝澤伸悟氏オリジナルのサインツールで
エントリーポイントが事前に告知されます。

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)

 

また、推奨時間足は15分足となっていますが
その他にも1分足、5分足、30分足、1時間足、4時間足での
運用が可能となっており、デイトレードのみではなく
スキャルピングや短期のスイングトレードで
トレードすることができます。

 

推奨通貨ペアはドル円、ユーロドル、ユーロ円、
ポンドドル、ポンド円、豪ドル米ドル、豪ドル円の
7通貨ペアとなっていますが、その他のマイナー通貨での
運用にも対応しているとのこと。

 

トレードルールは、サインを受け取り
裁量判断にてエントリー(サインの取捨選択)、
エントリーと同時にストップとリミットを設定し
あとは決済を待つのみです。

 

損切りラインは資産の3%以内が推奨されており
リスクリワード比は1:2となっています。

 

つまり、ストップが10pipsである場合
リミットは20pipsとしてOCO注文を入れるということです。

 

手法としては極めてオーソドックスで
王道的なトレンドフォロー戦略となっています。

 

目新しさこそはありませんが、
トレードの基礎であるトレンドフォローを学ぶ、
もしくは学びなおす教材としては有益なFX商材と言えるでしょう。

 

 

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-の評価

 

・リスクが限定されたオーソドックスなトレンドフォロー
・信ぴょう性の高いフォワード実績を開示している
・滝澤伸悟氏によるマンツーマンのサポートはありがたい

 

恐らくWINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)は
人によって魅力的には映らないFX商材なように思います。

 

その理由は、非常にオーソドックスなロジックを
採用したFX商材であるためです。

 

オーソドックスであるがゆえに目新しさがないということは、
逆に言えば“普遍性”があるということ。

 

トレンドフォローはトレードの基礎ですので
王道的なトレンドフォローへの理解を深めるという意味では
購入価値のあるFX商材と言えるでしょう。

 

また、公開されているフォワード実績を見ても
滝澤伸悟氏の手法が実践的かつ
優位性のある手法であることが判断できます。

 

くどいようですが、滝澤伸悟氏のように
信ぴょう性の高いフォワード実績を開示している
FX商材がどれだけあるでしょうか?

 

リアルな結果を公開できるということは
魅力的な数字や謳い文句だけで飾りあげたような
机上空論のようなFX商材ではないという証です。

 

さらに、滝澤伸悟氏本人による
マンツーマンのサポートを利用することで手法に対する理解を
スピーディーに深めることができます。

 

特にFX初心者の方などの場合、
マニュアルを見ただけでは理解できない部分でも
電話やSkypeで直接アドバイスを受けられるというのは
ありがたいサポート環境が用意されていると言えます。

 

ちなみに、WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)では
購入前でも滝澤伸悟氏へ電話で問い合わせることが可能となっています。

 

掲載されている固定回線番号へ問い合わせることで
非会員でも滝澤伸悟氏と話すことができるので
購入前に疑問や不明点は解消しておきたいという方は
事前サポートを利用されることをおすすめします。

 

これらの理由から、評価B(70点/100点)】とします。

 

それでは本日はこの辺で。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)

【商材名】滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-
【発行者】合同会社サンライズ、滝澤伸悟

>>販売ページはこちら

問い合わせフォーム

 

<当サイトの情報商材評価基準>━━━━━━━━━━━━
評価A(90点以上)・・購入OK(実践検証済)
評価B(70点)・・・・購入OK(実践の価値あり)
評価C(50点)・・・・お薦めはできない
評価D(30点)・・・・明らかに価値がない商材
評価E(10点未満)・・悪質性の高い商材
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━