PAMM

PAMM(パム)について

 

PAMM(パム)とは正式名称に直すと“Percent Allocation Management Module”のことで、

所謂【マネージドアカウント】のことです。

 

マネージドアカウントを簡単に説明しますと

 

“あなたが預けた証拠金をプロのトレーダー(第三者としておく)に委託することで、
そのプロトレーダーが資産運用をしてくれますよ”

 

というものなんです。

 

しかも一つの口座だけでなく、他のトレーダーの口座も合わせて運用してくれて、

利益はその複数ある口座の証拠金の割合に応じてに比率分配しますという、

何とも都合の良いサービスです。

 

自分では一切運用せずに他人(プロのトレーダー)に任せるのですから、

自分でやるよりもはるかに利益が出る可能性が高く、

 

しかも運用(トレード)実績をライブで確認でき、

運用側がその口座のお金を操作したり出入金できないということから、

FX初心者や時間が無くて自分でやれない人にとっては、

絶好の機会だ!と思いPAMMを利用する人が急増しているのは確かです。

 

成功報酬型なので利益が出ないと報酬は受け取れませんが、

それを差し引いてもメリット尽くしなサービスだということが分かりますね。

 

そういったメリットを知ったトレーダーやファンドマネージャーが個人投資家になり、

PAMMの運営を行うケースも多いですが、

証券会社の審査に受からないと個人では運営できません。

 

そのためしっかりとした知識と経験を持ったファンドマネージャーが運営することで、

月日が経つごとにPAMM自体の高質化が進んでいます。

 

このPAMMですが、金融商品取引法の関係で日本国内では禁止されていますので、

外FXに限定されます。

 

自分で運用するわけでなく、あくまで運用側の腕一本にかかっているので、

利益が出れば儲けものですが、逆に元本割れを起こし、

預けた資金が大幅に減ってしまうことにもなりかねません。

 

というのも、運用してもらっている間は自分で出金することが出来ない場合もあるため、

完全に運用側任せになってしまうからです。

 

 

悪質なPAMM(パム)業者に注意

 

ごくわずかですが、近年ではPAMM(パム)のメリットを逆手にとって

悪用するケースも出てきています。

 

どういったものか?

 

PAMMを使った商材を作り、

 

「これだけの実績あるファンドマネージャーが運営するので
 安全で非常に高い確率で利益を生み出せます!
 運用してもらっている間、あなたは何もしなくていいんです!」

 

という謳い文句でトレーダーから資金を集めます。

 

しかし実際に運営するのが優秀なトレーダーではなく、

実は自動売買ソフト(つまりEA)を使って運用するというものです。

 

始めのうちは順調そうに見えても、

ある時いきなり急落し資金が大幅に減ってしまう、というものです。

 

極端に言ってしまえば、

運用側からすればPAMMを運営することで運用益が入ってきますし、

IBという取引するだけでFX業者からの報酬が発生するので、

悪い言い方をすれば運用側には色んな形で利益が入ってくるので、

利益が出ようが出まいが関係ないのです。

 

まともな案件でない限り良心的なものは存在しない、

という認識を持っていただいて構いません。

 

ちなみに上記のIBとは“Introducing Broker ”の略称で、

取引量に応じて支払われる手数料のことを言います。

 

 

優良なPAMMとそうでないPAMMをどう見極めるのか?

 

重要なポイントは運用する側の素性をしっかり確認することです。

 

顔や名前、これまでのトレード実績を把握し、

それらが架空のものでないのか?

まで事細かにチェックする必要があります。

 

直接会ったり連絡を取れるわけではないので、

そのくらいまで調べても、調べすぎということにはなりません。

 

「年利100%超え」などという明らかに有り得ない文章を見つけたら注意が必要です。

 

仮に本当だとしても、それ相応のリスクが伴うからです。

 

PAMM自体の性質や、運用戦略をきちんと理解することも大切です。

 

デメリットを知らずにメリットだけを見て判断するのはもちろん危険ですし、

そのPAMMがどういった戦略を立てているのかも説明されていないものは信用できません。

 

出金に関してもそうですが、ポジションの保有中に出金や決済が出来るかどうかも

合わせて確認しておくことが必要です。

 

規約自体の確認も怠らないようにしましょう。

 

大事な事を明確に記載していないものは危ないと判断して、

まず問題ないでしょう。

 

今挙げたことに注意していさえすれば、

PAMMの良し悪しは判断しやすいかと思いますが、

FXに限らず、投資の世界で100%は有り得ません。

 

見込まれる利益やメリットが大きければ、

それに伴ってリスクも大きくなるということを、

常に考えておく必要がありますね。

 

それでは本日はこの辺で。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

問い合わせフォーム