1

近々、日本でマイナス金利政策が実施される

 

 

こんにちは、佐伯です。

 

 

つい先日アメリカの利上げ問題を取り上げたばかりですが、

今度は我が国日本でも金利政策が実施される運びとなりました。

 

 

日本で実施される金利政策は「マイナス金利政策」

 

『マイナス金利政策って何なんだ?』

 

と思われる方が多いでのではないでしょうか。

 

今回のマイナス金利政策については数々の矛盾点があるということで

個人的にも非常に気になる項目ですので、

今回は日本にスポットを当ててマイナス金利政策を紐解いてみたいと思います。

 

 

まず、今回のマイナス金利政策を簡単に説明しておきますが

日本銀行と各金融機関の間の金利の話ですから

我々の生活に即座に影響するものではありません。

 

マイナス金利の本来の意味我々の生活に例えると

 

“銀行に預金している分の利子を銀行に支払わなくてはならない”

 

という意味になります。

 

2

 

 

そもそも金融機関は日本銀行にそれぞれ口座を持ち資金を預けていますが、

既存の資金には適用されず、新規で預ける分に対して

マイナス0.1%の金利が適用されることになります。

 

 

まずこのことを念頭に置いておいてください。

 

 

その上で、日本銀行と金融機関間におけるのマイナス金利政策についてですが、

日本銀行の当座預金の超過準備の引き上げを図る一方で

超過準備の一部にマイナス金利を適用させるという複雑な仕組みを導入したため、

市場に混乱をもたらした結果、

円高株安を引き起こした可能性が高いと指摘されています。

 

 

※ちなみに超過準備とは各金融機関が日本銀行に

 保有している当座預金のうち、必要準備を上回る部分を指します。

 

準備預金は無利子なので、各金融機関は極力準備を減らして

収益資産に運用しようとする一方で、もし準備預金が必要額に満たない場合には

ペナルティを払わなくてはならないというリスクがあるため、

預金流出など流動性リスクに配慮して超過準備の額を決定しています。

 

(一部引用:証券投資用語辞典)

 

 

では、マイナス金利が導入されるとどうなるのでしょうか?

 

これはあくまでも日本銀行と各金融機関での話なのですが、

日本銀行にお金を預けることで利子が付かず

反対に利子を支払わなくてはいけなくなるため

日本銀行に預金せず企業に貸し出して金利収入を得たり、

他の投資に回そうといった動きが加速します。

 

3

 

 

それは結果的に市場にお金を回らせて

企業の設備投資・賃上げを後押しすることになり

景気を増進させることにつながります。

 

 

ゼロ金利政策を推し進めてきた日本でなぜマイナス金利政策が実施されるのか

 

先ほど説明したように、市場にお金を回らせることで景気の推し進め

最終的に物価上昇率2%に近づけたいという政府の意向があります。

 

 

既に皆さんもご存知でしょうが、日本では長年ゼロ金利政策を導入しています。

 

つまりこれ以上金利は下げれないという考え方です。

 

金利が下げられないということで、日本政府は量的・質的緩和を進めてきました。

 

 

ちなみに量的緩和とは

 

“日本銀行が不景気時に景気を底上げするために行う金融緩和政策の一つで、

 各金融機関の持っている日本銀行の当座預金の残高を調整し

 市場にお金を流通させる政策”

 

質的緩和とは

 

“日本銀行が金融機関から買い取る資産の対象を広げ

 資金供給量を大幅に増やすことでデフレ脱却を図る政策”

 

を意味しています。

 

 

ですが日本では何年も量的・質的緩和を行ってきたため

これ以上政策を推し進めることができなくなり、

新たな対策として急きょ打ち出されたのがマイナス金利政策です。

 

つまり政府・日本銀行からすれば、市場にお金を流通させるための

量的・質的緩和の代わりとなる新たな対策を打ち出したことで、

日本の金融政策に大きな幅を持たせる形が実現したというわけです。

 

 

マイナス金利政策が国民に与える影響を考えてみた

 

では我々の生活にはどのような影響が及ぶのでしょうか?

 

マイナス金利政策が日本銀行と各金融機関での話だと言いましたが、

結局は普段から銀行を利用している我々にも

少なからずしわ寄せが来ても何らおかしくありません。

 

それは銀行に預けている預金にも言えることで、

マイナス金利政策が導入されたからといって

すぐに利子を支払わなくてはならないとはなりませんが、

今以上に利子が引き下げられてしまい

最悪の場合、将来的にはマイナスになってしまう可能性も否定できません。

 

4

 

 

金融機関にとっては好ましくない事態といえますが、反対に得をする業界もあります。

 

それは不動産業界や自動車メーカーです。

 

マイナス金利政策の導入により

住宅ローン・自動車ローンの金利が下がるため

結果的にローンを組みやすくなり

不動産のや自動車の販売が活発になるというメリットがあります。

 

 

加えて金利が引き下げられれば円安傾向が強まるため

海外からの観光客の増加が見込まれるので

航空会社や観光業界も今以上に活発になる可能性が高いです。

 

5

 

 

このようにマイナス金利政策によって

銀行や金融機関には悪い影響が及び、

不動産業や自動車メーカー、航空会社が

マイナス金利政策の恩恵を受ける形になるということですね。

 

 

では、一度マイナスになった金利を更に引き下げる可能性はあるのでしょうか?

 

この件について、元日銀副総裁の岩田一政氏はこのように語っています。

 

『現金を持っているコストはおよそ2%。

 マイナス2%程度まで下げても大きな混乱は起こらないだろう』

 

現在のマイナス金利が-0.1%ということを考えると

普段から銀行を利用する我々としては

 

“預金しているのに銀行側に利子を支払わなければならない”

 

という事態は正直言って、あまり望ましいとは言えませんね。

 

 

とはいえ、銀行側に預金分の利子を素直に支払うか、

経済が活性化し好景気になることを素直に喜ぶべきか、

今後のマイナス金利政策にも気を配っていきたいと思います。

 

 

今回は日本初のマイナス金利政策について

取り上げさせて頂きました。

 

人によって考え方はそれぞれ違いますが、

市場にお金が流通すれば

為替相場にもそれなりに影響がでることは必至です。

 

 

世界経済のみならず日本経済にも目を向けることで

より広い視点で物事を判断できるようになりたいものですね。

 

 

当ブログでは、投資商材の検証レビュー以外にも

投資に直結するようなニュースを

定期的に配信していきます。

 

加えて、投資商材に関する検証レビューや

ご購入相談も受け付けておりますので

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

 

管理人:佐伯への質問はこちらから

 

それでは本日はこの辺で。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

問い合わせフォーム