外国為替講座

多くのメディアで取り上げられるFX関連の数々情報

 

『これから新たにFXを始めたい』

『何から覚えたら良いか見当がつかない』

『FXを始めたばかりで右も左も分からない』

 

FXに興味はあるけど今一歩踏み出せない、

勢いでFXを始めてみたはいいが

何から覚えるべきなのか全く分からないという方が

巷には何人もいらっしゃるはずです。

 

当ブログ宛てにも、FX未経験者やFX初心者の方から

このようなお問い合わせを頂く場合があります。

 

 

現在では様々なメディアを通じて

FX関連のCMがほぼ毎日のように流れていますし、

クリーンなイメージを持った有名芸能人も起用されていることから

一般の方に最も馴染みの深い金融商品となっています。

 

さらに将来の不安から投資を開始して

ある程度の蓄えを持っておくべきだとの考えが浸透しつつありますね。

 

 

世間でも非常に馴染みの深い金融商品だけあって

インターネットやビジネス専門書、専門雑誌等でも

FXに関する知識を得られる時代になっていますが、

 

非常に多くの方が解説をされているということもあり

人によって解説の仕方が若干異なるため

何から覚えるべきか迷ってしまうのも無理はありませんね…。

 

 

当ブログではFXや株氏投資、日経225、バイナリーオプションに至るまで

様々な投資商材を日々検証しておりますが、

当ブログを通じてFX初心者の方でも

FXの本当の楽しさや可能性を知って貰いたいという思いから

このような記事をアップさせて頂きました。

 

 

それでは今回は、FX初心者が最初に押さえておくべき

「外国為替」についてまとめていきたいと思います。

 

 

外国為替の意味と取引方法

 

外国為替を一言で表すと

 

“外国で流通している様々な通貨”

 

を指します。

 

外国為替講座

 

我が国日本では「日本円」が、アメリカ合衆国では「米ドル」が、

ドイツ・フランスなどのユーロ圏では単一通貨の「ユーロ」といった具合に

世界の国々でそれぞれ自国の通貨が存在します。

 

国内での取引ならば自国の通貨で何ら問題ありませんが、

国と国とで商取引を行う場合には2国間での通貨の取引が必要になり

この2国間の通貨の取引を「外国為替取引」と呼びます。

 

 

普段何気なく見聞きしているニュースでも頻繁に流れている

 

“外国為替市場は1ドル〇〇円××銭で取引されています”

 

というあのフレーズ。

 

あのフレーズが、外国為替取引には非常に重要を持っています。

 

外国為替講座

 

自国通貨と他国通貨の交換比率や相場のことを総称して

一般的に為替レートと呼び、常に変動しています。

 

このように為替レートが変動することを「変動相場制」、

逆に為替レートが決まっているものを「固定相場制」といいます。

 

 

先ほど外国為替市場という単語が出てきましたが、

為替の知識が全くない方の中には世界のどこかに

外国為替市場が存在するものだと思っている方がいます。

 

しかし実際は為替が取引されているような特定の場所ではなく

外国為替が取引されている場所全てを指した総称です。

 

 

為替レートが変動する仕組みについて

 

世の中が「需要」と「供給」で成り立っているように

為替レートも例外ではなく、需要と供給により変動しています。

 

ここでいう需要と供給とは「買いたい・売りたい」という思いのことで

当然ですが買いたいと側のレートが強くなり、売りたい側のレートが安くなります。

 

外国為替講座

 

 

付け加えておくと、為替レートが変動する要因は様々挙げられますが

基本的に2国間の相対的な力関係によって決まってきます。

 

つまり力関係の強い国のレートが高くなり、

反対に力関係の弱い国のレートが安くなるということですね。

 

 

例えば日本円と米ドルを比較した場合、

 

・アメリカの方が日本よりも景気が良ければドル高・円安

・アメリカの方が日本よりも景気が悪ければドル安・円高

 

ということになります。

 

例えば日本の景気が良ければ株価や金利の上昇が期待できるため

株式や債券に投資する投資家が増えることになりますから、

結果的に海外から資金が流入し日本円の需要が増えるため

日本円の価格が高くなるというわけです。

 

反対に日本の景気が悪ければ日本円の需要が減ることになり

結果的に日本円の価格が安くなります。

 

 

余談ではありますが、FXでは外国の通貨を取引しますから

比較的取引数の多い通貨を挙げておきます。

 

・米ドル      ・ブラジルレアル

・日本円      ・カナダドル

・ユーロ      ・南アフリカランド

          ・オーストラリア(豪)ドル

          ・ニュージーランドドル

 

 

敢えて2列に記載させて頂きましたが、

日本円や米ドル、ユーロは一般的に「メジャー通貨」、

それ以外の通貨を「マイナー通貨」と呼びます。

 

メジャー通貨は世界的に需要の高い通貨を指しており、

反対にマイナー通貨は世界的にはそこまで需要はないものの

金利の高い通貨が多く、金利の差を狙ったトレードも可能です。

 

今挙げたマイナー通貨は世界各国のマイナー通貨の中でも

金利が高い順番に記載させて頂きました。

 

 

メジャー通貨やマイナー通貨、高金利通貨については

また別の機会で取り上げることになるかとは思いますが、

通貨にはこのような違いがあるということを覚えておいてください。

 

 

FX初心者の方がこれからFXを実践していく上で

外国為替の基礎知識は身に付けておかなくてはなりませんので、

この機会に是非覚えて頂ければと思います。

 

 

当ブログでは、投資商材の検証レビュー以外にも

投資に直結するようなニュースを

定期的に配信していきます。

 

加えて、FX商材に関する検証は今後も継続していきますが

検証レビューに加えてご購入相談も受け付けておりますので

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

 

管理人:佐伯への質問はこちらから

 

それでは本日はこの辺で。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

問い合わせフォーム